2017年10月07日

PHP7のインストール

PHPのインストールにはlib2xmlが必要。
更にlibxml2はpython-develが必要。

  • MySQLのインストール
    rpm -ivh cmake-2.8.12.2-2.el7.x86_64.rpm
    rpm -ivh ncurses-devel-5.9-13.20130511.el7.x86_64.rpm
    rpm -ivh zlib-devel-1.2.7-17.el7.x86_64.rpm
    rpm -ivh readline-devel-6.2-10.el7.x86_64.rpm
    groupadd mysql
    useradd -g mysql -s /sbin/nologin -d /usr/local/mysql mysql
    tar zxf mysql-5.7.19.tar.gz
    cd mysql-5.7.19/
    mkdir bld
    cd bld
    cmake .. -DDOWNLOAD_BOOST=1 -DWITH_BOOST=/usr/local/mysql
    make
    make install
    cd /usr/local/mysql
    ./bin/mysqld --initialize-insecure --user=mysql --basedir=/usr/local/mysql --datadir=/usr/local/mysql/data --character-set-server=utf8
    cp mysql.server.sh /etc/init.d/mysql
    vi /etc/init.d/mysql
    basedir=/usr/local/mysql
    datadir=/usr/local/mysql/data
    chmod 755 /etc/init.d/mysql
    vi /etc/my.cnf
    [mysqld]
    basedir=/usr/local/mysql
    datadir=/usr/local/mysql/data
    socket=/tmp/mysql.sock
    pid-file=/usr/local/mysql/data/****.pid
    character-set-server=utf8
    default_password_lifetime=0
    mkdir /var/log/mariadb
    touch /var/log/mariadb/mariadb.log
    chown -R mysql:mysql /var/log/mariadb


  • libxml2のインストール
    rpm -ivh python-devel-2.7.5-58.el7.x86_64.rpm
    tar zxf libxml2-2.9.5.tar.gz
    cd libxml2-2.9.5/
    ./configure
    make
    sudo make install


  • PHPのインストール
    tar zxf ../php-7.1.10.tar.gz
    cd php-7.1.10/
    ./configure --with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs --with-mysqli --enable-mbstring
    make
    sudo make install

ラベル:PHP
posted by こじろ〜 at 01:02| プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

Apacheのインストール


  • OpenSSL
    ※OpenSSLは1.1.0系を使用しないとApache2.4.27で正常にビルドできない。
    tar zxv openssl-1.1.0f.tar.gz
    cd openssl-1.1.0f
    ./config --prefix=/usr/local/ssl --openssldir=/usr/local/ssl
    make
    sudo make install
    vi /etc/ld.so.conf
     /usr/local/ssl/libを追記
    ldconfig -v
    cd /usr/bin
    mv openssl openssl.bak
    ln -l /usr/local/ssl/bin/openssl /usr/bin/openssl

  • PCRE
    cd pcre-8.41
    ./configure
    make
    sudo make install

  • Apache
    ※Apache2.4.26からOpenSSL1.1.0がサポートされている。というか必須?
    tar zxf httpd-2.4.27.tar.gz
    cd httpd-2.4.27/srclib/
    tar zxf apr-1.6.2.tar.gz
    mv apr-1.6.2/ apr
    tar zxf apr-util-1.6.0.tar.gz
    mv apr-util-1.6.0 apr-util
    cd ../
    ./configure --enable-so --enable-rewrite --enable-headers --enable-deflate --enable-ssl --with-ssl=/usr/local/ssl --with-mpm=prefork
    make
    sudo make install
    vi /usr/local/apache2/conf/httpd.conf
     次のコメントアウトをはずす
     LoadModule ssl_module modules/mod_ssl.so
     LoadModule socache_shmcb_module modules/mod_socache_shmcb.so
     LoadModule socache_dbm_module modules/mod_socache_dbm.so
     Include conf/extra/httpd-ssl.conf

  • SSL証明書の作成
    server.keyとserver.crtは/usr/local/apache2/confに置く。(httpd-ssl.confに記載されている場所)

    1. 秘密鍵の作成
      openssl genrsa -aes128 2048 > server.key

    2. 公開鍵の作成
      openssl req -new -key server.key > server.csr

    3. デジタル証明書の作成
      openssl x509 -in server.csr -days 365000 -req -signkey server.key > server.crt

    4. パスフレーズの解除
      これをしておくとApacheの起動時にパスフレーズの入力が不要になる。
      openssl rsa -in server.key -out server.key


  • ファイアウォールの設定
    firewall-cmd --add-service=http --zone=public
    firewall-cmd --add-service=https --zone=public


ラベル:Apache openssl
posted by こじろ〜 at 20:02| サーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ESXiで仮想サーバー構築 −ハードウェア編−






CPUIntel Core i5 3470S消費電力とパフォーマンスを考えた結果、これを選択。
M/BASRock Q77M vProマザーボードはなんでも良いみたい。
HDD日立製HDD365日24H稼働させるならWD Red等の高耐久なものを。
LANカードIntel PRO/1000GTLANはIntelかRealtek製チップだとESXiのドライバが対応してるので、面倒がない。
今回はマザーボードのLANチップが別のものだったので、LANカードを増設。

ラベル:仮想化 ESXi
posted by こじろ〜 at 10:30| 仮想化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。